読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFE!ウェアハウス

生活の情報庫としてお役立ち情報をオールラウンドにご紹介。あなたの生活をより豊かに。

バルミューダのトースターが売れている理由。モノの価値について「100円のコーラを1000円で売る方法」を考察

          f:id:porochan86:20170422021940j:plain

 ちょっと前に話題にもなったので読んだ方も多いと思いますよ。「100円のコーラを1000円で売る方法」

 ストーリー形式なので入りやすく一気に読めました。面白かったですよ。

読んでいない方は一読してみては?

 コミック版 小説版

 

 1000円のコーラなんて誰も買わないじゃん。なんて思って読んでみましたが。

なるほど・・・。例え本来の価値は低くとも、満足できる付加的要素があれば人は満足できるということなんですね。

  例えばですよ。

 旅館などで夕食にお酒を頼もうとする、当然スーパーなどで購入するよりも価格は高いですよね。

 でもです。

 旅館でしか味わえない雰囲気、普段と違った落ち着いた空間で頂くお酒は、家に持ち帰って飲むお酒とは各段に違いますよね。満足感が違うということ・・・。

 高いお金を払ってでも、日常と違ったその場所でしか味わえないという価値があるから例え値段が高くても人は出し惜しむことはないのかもしれませんね。

 もちろん、そこでしか注文できないからと言うこともあるでしょうが。

 商品ということであれば、このネット社会ですので、探せば最安値で購入することができます。しかし購入する際の指標となるものは、口コミであったりレビューであったりそれらを参考にその商品の価値を見極めて購入します。

 大抵の人は、できるだけその目的にあった安いものを購入しようと考えるでしょう。

 逆に高くても売れている商品はあるんですね。

 

 例えば、バルミューダのトースター
 

 価格でいえば定価は税抜き約2万3千円と高額です。

 2~3千円程度で買えるトースターがあるのに価格だけで見れば誰も買う人なんていないでしょう。

 しかし、大ヒットした理由はなぜなのでしょうか?

    

f:id:porochan86:20170325212011p:plain バルミューダトースターがヒットした理由とは・・・

 

 〇  パンを美味しくトーストすることに特化している。

 〇  スチームを使用してパンの種類に応じて最適に焼いてくれる。

 〇  普段使わない多機能的システムは採用せず使いやすさにこだわったシンプルな設計

 パンをできるだけ美味しく食べたい!
 

 使い方の分かりにくい多機能なシステムは使いにくい。

 これらニーズと「シンプルでパンを美味しく焼く為に作られたトースター」という他の商品との差別化によって、一般的には価格は高くても買う価値があるトースターとして大ヒットしたのでしょう。

 安く物を買えることはよいことですが、そこにこだわると際限ない価格競争に陥ります。

 これは安くしないと売れない・利益が出ない、企業間の消耗戦に陥ってしまうのです。

 今の日本がこの状態になってしまっているのではないでしょうか。


 真に価値があるものは安くする必要はないのです。

 高くても価値があれば売れるのです。


 これから日本でもバルミューダトースターのような商品が世に出てくると喜ばしい限りですね。

 まあ安いに越したことはありませんけどね・・・(*´ω`)