読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFE!ウェアハウス

生活の情報庫としてお役立ち情報をオールラウンドにご紹介。あなたの生活をより豊かに。

日本の居酒屋で出されるお通しの文化は悪習なのか?疑問に思う外国人

    皆さんこんばんは。
    居酒屋さんに行くと最初に出される一品料理といえばお通しですよね。
   その店で作った店ならではの煮物やお漬物など、それがお店に入った時の楽しみでもあるという方も多いと思います。
    お越しになったお客様へのおもてなしという部分もありますよね。


    最近ではこのお通しが外国人観光客とのトラブルの原因ともなっているようです。
    確かに外国の方にとっては頼んでもいないものを出されて、サービスかと思ったらお金を払わなくてはならないともなればお通し的文化の馴染みのない外国人にとっては納得いかないのも分からなくもありません。

    はたして、お通しを説明しなかったお店が悪いのか?それとも日本の文化として知らなかった外国人が悪いのか?

                                                           にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
                 にほんブログ村                f:id:porochan86:20170314181650j:image

 

そもそもお通しとは

    居酒屋に訪れたお客さんに注文された料理を出すまでのつなぎとして間を持たせるために出されていた小料理のことをいいます。
お酒はすぐに出せますが、肴につまめるものも欲しいですからね。
    そう考えた場合、一方的に出されたものでもお店側が考えて出した一品料理であるし、お代を出すことは日本人の風習としてなんら不思議ではないと思われます。

 

お通しについて外国人への説明は必要か。

   
                    f:id:porochan86:20170314181801j:image

    昨今は外国人観光客も増えて気軽に日本に来る方もいるでしょう。かといって日本にこられる方全てが日本の文化や常識を理解している訳ではないですよね。
    日本の文化に馴染みのない外国の方には説明してあげる気づかいも必要かとは思います。
    ただ、知らなかったからとトラブルになったり、それが問題になるのはどうかと思います。だって昔から外国人観光客はいましたからね。
    例えば日本から他国へ行ったというのであれば、日本の文化としては馴染みのないチップというものがありますよね。
    ホテルなどで案内をしてもらったり、サービスをしてもらった時などに支払うものです。
    ここが日本とは文化が全く違うところです。
    日本でいえばサービスとは無料であるという考え方が一般的だと思います。しかし、外国ではサービスは有料であるという考え方なのです。
    チップは従業員の給料の一部であり、チップを渡すことはマナーとして定着しています。旅行に行った日本人が知らずに渡さなかったとなったら、本人は知らなかったからと思っても相手からすればマナーが悪いと考えるのがその国の常識となっているのです。

    チップについてその国で説明してくれる人はいるのでしょうか?
    その必要はあるのでしょうか?

 

互いを知ること

   外国人観光客は日本の文化・風習については詳しくないのだろうから、

「お通しが有料なのは教えてあげた方が良かった」

「教えなくて悪かった。」

    このように謙虚な考え方は日本人特有のものでしょう。
    確かに居酒屋の店先にお通しは有料ですの説明書きをしてあげるのは親切でもありますしトラブルも防ぐことができます。

    しかし、この文化の違いは、居酒屋のみならず他の分野においても必ずトラブルを引き起こすはずです。


「郷に入れば郷に従え」というのは難しいかと思います。生活してきた環境が違いすぎるので。

 

    外国人向けの日本観光のガイドブックなどに日本の文化・ルール的なものをジャンルごとに紹介出来ないものですかね。

    上手に互いを知ることが出来ればこんなトラブルも減るのでしょうか。